永久か一時かで必要書類は変わります

自動車を廃車にする場合それを永久に抹消するのか、一時的に抹消するのかで必要な手続きや書類が変わります。

廃車には二種類あります

廃車手続きには永久抹消と一時抹消の二種類あります。それぞれ必要な手続きや書類が異なります。

carview
無料の査定がオンラインでできます。

手続きについて

永久抹消と一時抹消についてそれぞれ説明します。

永久抹消登録の場合

永久抹消登録とは道路運送車両法の第15条(15条抹消)に定められている手続きで、自動車を二度と使えないように登録を抹消する方法です。永久抹消登録をすると永久に日本国内の公道で走らせることができなくなります。

普通自動車の場合は陸運局で登録抹消の手続きを行います。費用自体は自分で行えば無料となります。ただし解体費用や車検証の記載を変更する場合は別途費用がかかります。

一時抹消登録の場合

一時抹消登録とは一時的に自動車の使用を取りやめるための手続きです。海外出張や長期入院など長期間車の使用をしない場合に行います。16条抹消とも呼ばれています。

一時抹消登録をすると税金や自賠責保険の支払いは必要なくなります。もちろん一時抹消している間は公道を走らせることはできません。

解体届けの場合

解体届けとは一時抹消登録をした自動車を永久抹消するときの手続きです。基本的には永久抹消登録とほぼ同じ手続きとなります。

carview