もう二度と自動車に乗らないための手続きです

永久抹消登録とは自動車を完全に登録抹消するための手続きで、もう二度と日本国内の公道で走らせることができなくなります。

解体後に陸運局で手続きします

永久抹消登録をするにはまず解体業者などにスクラップにしてもらいます。その後に陸運局で手続きをします。自分で手続きをすれば費用は無料です。申請書は陸運局またはディーラー、自動車販売店、整備工場、行政書士事務所などで購入できます。その他に必要な書類は以下になります。

carview
無料の査定がオンラインでできます。

必要書類

永久抹消登録の提出に必要な書類です。

自動車検査証(車検証)
車検証の住所と現住所が異なる場合は別途住民票などが必要になります。また所有者がクレジット会社など自分でない場合は譲渡証明書・委任状・印鑑証明書も必要になります。

ナンバープレート2枚
車両本体から外したナンバープレートが2枚。忘れないようにしましょう。

印鑑証明書
発行後三ヶ月以内の印鑑証明書を用意します。

実印
所有者の実印です。印鑑証明書と同一のものが必要になります。また所有者本人以外の手続きをする場合は委任状が必要です。

自動車リサイクル券
支払済の自動車リサイクル料金の証明書。解体時に未払いの場合は解体業者に支払います。

解体に係る移動報告番号や解体報告記録日
解体業者にてスクラップをした場合、解体に係る移動報告番号と解体報告記録日が記載された書類を受け取ります。

自動車重量税の還付も忘れずに
解体時に車検が1ヶ月以上残っていれば自動車重量税が還付されます。申請書に記入欄があるので忘れないようにしましょう。

軽自動車の場合は手続き先が異なります

軽自動車を廃車にする場合は陸運局ではなく、軽自動車検査協会内に手続きをします。また印鑑証明書は必要なく、実印は認印で大丈夫です。

carview